MENU

睡眠と身長

寝る子は育つ

 

「寝る子は育つ」という言葉を耳にすることも多いと思います。実はこれにはれっきとした科学的根拠があるのをご存じでしょうか?
睡眠は子供の成長に深く関係しており、睡眠時間や睡眠の質が身長の伸びに大きな影響を与えているのです。
身長の伸びが悪いと感じる場合は、睡眠の時間、そして、その質を今いちどよく確認してみるとよいでしょう。

 

身長を伸ばすために不可欠なこと。それは「成長ホルモン大量にを分泌させる」ということです。
成長ホルモンが分泌されると身長は自然に伸びていくので、できるだけ多く分泌させるということが重要なのです。
そして、この成長ホルモンが最も大量に分泌されるタイミング、それが就寝時です。
しかし、生活習慣の乱れなどが原因で睡眠の質が悪くなると、成長ホルモン分泌の低下へとダイレクトにつながります。
ただ眠ればいいというものではなく、その質にもこだわる必要があるのです。

 

また、睡眠の質が落ちたり、不規則な生活習慣を続けているとメラトニンと呼ばれるホルモンの分泌も低下します。
メラトニンは思春期の始まりを遅くするという重要な働きをしています。
最終的に到達する身長は思春期の始まりが遅い方が高くなるといわれており、そのため、身長を伸ばすためにはメラトニンの分泌を活発にする必要があるのです。
夜更かしをして、睡眠時間が不足するとメラトニンの分泌にも支障をきたすので、なるべく早く就寝するようにしてください。

 

 

日本人は世界的に見ても睡眠時間が短い?

 

日本人の睡眠時間は他の国の人と比べると一般的に短いといわれているのをご存じでしょうか?
これは紛れもない事実であり、また、大人だけではなく子供の睡眠時間も世界的に見ても少ないのです。
子供の睡眠時間は塾や習い事で忙しいという理由だけではなく、テレビゲーム、インターネットの普及などの影響もあり、年々短くなっています。
睡眠時間が不足すると、成長ホルモンの分泌が低下し、結果、子供の成長に大きな支障をきたします。
では、実際欧米と日本では睡眠時間にどのくらいの差があるのでしょうか?

 

まず、日本の中学生の睡眠時間は平均7時間程度だといわれています。
一見、十分かな?と思われるかもしれませんが、アメリカの中学生は7時間半程度、ヨーロッパの国々にいたっては8時間半?9時間半程度です。
このことから、日本の中学生の睡眠時間は世界的に見ても圧倒的に少ないということがおわかりいただけると思います。

 

日本人と欧米人の身長を比較すると、明らかに欧米人の方が高いです。
すでに子供の頃から身長に差があるイメージが強いですが、実は中学生くらいまでは大きな差はありません。
では、なぜこれだけ差がついてしまうのでしょうか?
それは、日本人は早ければ中学生くらいで身長の伸びが止まってしまうのに対し、欧米人は高校生や大学生、または社会人になってもまだまだ伸びる人がほとんどであるからです。
これは思春期の睡眠時間の違いが大きく関係していると言えるのではないでしょうか。

 

 

身長を伸ばしたいなら睡眠の質を高めること

 

身長を伸ばすには睡眠時間も大事ですが、その質も非常に重要です。
眠っている時、最も成長ホルモンが分泌される時間帯は夜の10時?深夜2時です。
この時間帯にぐっすり眠ることが、より多くの成長ホルモンを分泌させるためには必要ことなのです。
中学生にとって夜10時というのは早いと感じるかもしれません。
しかし、身長を伸ばしたいという思いがあるのであれば、9時半くらいには寝る準備をして、10時には就寝するという理想的な睡眠を心がけましょう。

 

 

睡眠の質を高めるためには、寝る直前に食べ物を口にしないというのも大切なことです。
寝る直前に何かを食べてしまうと、それがお腹の中で消化されないまま眠りに入ることになります。
結果、眠りが浅くなり、大切な成長ホルモンの分泌が低下を招いてしまうのです。
さらに胃もたれを起こして、朝食を食べられないと言った事態も引き起こしてしまう可能性もあるので、寝る2時間前は何も食べないという生活習慣をぜひ身につけましょう。

 

そして、寝る前にテレビやゲーム、また最近ではスマートフォンなどの強い光を浴びてしまい、脳を活発にさせてしまうことが多くあります。
脳が活発になると目が冴えてしまい、寝つきが悪くなります。遅くとも寝る1時間前にはテレビやゲーム、スマートフォン操作などはを極力控えるようにしましょう。
テレビやゲームの光は思春期の時期を遅らす大切なメラトニンの分泌を抑制してしまいます。
なかなか寝ようとしない子どもを見るとついつい叱ってしまいがちですが、寝る前に子供を叱ると興奮して逆に寝つきが悪くなってしまいます。
そこが怒りをぐっと抑え、優しく睡眠へと誘導しましょう。