MENU

身長を伸ばすためにも見直したい食事内容

「食事と身長」切っても切れない関係性

 

身長を伸ばすために、取り組むべき最重要事項はまずは食事です。
食事はただ身長を伸ばすということだけではなく、健康的な身体を作るためには決して欠かすことはできません。
伸び盛りである時期に必要な栄養を必要な分だけ摂取しておかないと、最終的に到達する身長に大きな影響を及ぼします。
言い換えれば、この大切な成長期にしっかりと必要な栄養を摂っておけば、身長がぐんぐん伸びていくことを大いに期待ができるということなのです。

 

しかし、重要なのはその食事の内容です。ただ、お腹いっぱい食べればいいという訳でありません。大切なのはその栄養バランス。
好きな物だけ食べて、嫌いな物は食べないと言う偏食気味の食生活では身長を伸ばすことにはつながりません。
必要な栄養素は様々な食事を満遍なく食べることによってのみ手に入ります。特に成長期には食事に気を付けることが大事なのです。

 

肉が好きだからといってひたすら肉ばかりを食べるのではなく、魚や野菜などバランスよくきちんと食べるようにしてください。

 

残念ながら、必ず身長が伸びる方法や食べ物などは存在しません。
カルシウム摂取を期待しながら「身長を伸ばしたいから牛乳を飲んでいます」と言う方が多くいらっしゃいます。
たしかにカルシウムを摂るというのは大事なことです。しかし、だからといって牛乳だけをひたすら飲んでいても身長が伸びることはありませんし、それで安心していると、その他の必要な栄養素が不足してしまっているかもしれません。
身長を伸ばすために必要な栄養素はマグネシウム・亜鉛・タンパク質など、他にもたくさんあるのです。特定の栄養素ばかりを摂取しても身長を伸ばすことはつながらないのです。

 

 

身長を伸ばすための最適な食事

 

身長を伸ばすためにまず最初に思い浮かぶのが、カルシウムや、タンパク質の摂取ではないでしょうか?それらは決して間違った知識ではありませんが、本当に最も重要なのは栄養バランスの整った食事です。他の栄養素が極端に不足していたりすれば、身長はやはり伸びません。何も考えず、カルシウムやタンパク質をたくさん摂っていれば安心というわけではないのです。

 

身長を伸ばすためには最も重要な事な事はバランス良く栄養が含まれている食事なのです。

 

さて、身長と大きく関係していると言われる栄養素にはカルシウム・マグネシウム・亜鉛・タンパク質があります。それぞれの栄養素は身長を伸ばすために非常に大事な成分となっています。

 

 

・カルシウム

骨を丈夫にする

 

・マグネシウム

健康的な骨を維持する

 

・亜鉛

骨の成長を促す。

 

・タンパク質

骨や筋肉を作る素となり、ま成長ホルモンを分泌させる。

 

 

これら4つは体が成長する上で最も重要な栄養素です。これらをバランス良く摂取するようにしてください。

 

4つの栄養素の中でも特に重視して頂いきたいのがカルシウムです。
カルシウムは意識しないとなかなか摂取することが難しい栄養素なので、基本的に日本人は不足していると言われています。
牛乳や魚を積極的に食べたり、子しょk供用の身長サプリなどもを上手に活用し、不足しがちなカルシウムを積極的に摂取するようにしてください。

 

 

身長を伸ばしたいなら避けるべき食事

 

身長を伸ばしたいなら避けたい食事というものがあります。
実際、好んで食べている方も多いと思いますが、どのような食事かと言うと、スナック菓子・コーラ・ハンバーガー・ラーメン・アイスクリームなどの食品です。
これらの食品の中には本来避けるべき食品添加物が多く含まれており、これらを摂取することで、せっかく他の食事で体内へ摂取した大切なカルシウムや亜鉛など必要な栄養素が体外に排出されてしまうと事態を招いてしまいます。
毎日栄養バランスに優れた食事を意識していたとしても、スナック菓子やコーラなどを体内に取り入れてしまうことでその苦労が台無しになるということです。
特に子供は食品添加物を含む食べ物が大好きです。その大好きなものをどれだけ食べさせないようにするのかが重要なポイントです。
しかし、全く食べさせないというのは不可能に近いでしょう。極力食べさせないという考えでいた方がいいかもしれません。
またこのような食品はカロリーも非常に高く、身長を伸ばさないだけではなく、深刻な肥満の原因にもなります。
肥満になると成長ホルモンの分泌が悪くなります。よって身長が伸びないことにもつながりますので、注意が必要です。

 

他に気をつけたいことが、スポーツドリンクの飲み過ぎです。
スポーツドリンクはなぜか熱中症予防に良いなど健康的なイメージが強いですが、実はミネラルや糖分が多く含まれています。
名前の通り、スポーツをしている最中や後に適量を飲む分には問題ありませんが、普段からお水やお茶代わりとして飲むようなものではないのです。
実際、必要以上に飲み過ぎ過ぎて体調を崩したり健康を害した方もいます。くれぐれも飲む量には注意しましょう。