MENU

身長を伸ばす為にやっていい運動、悪い運動

「背が伸びづらいのは運動をしているせいでは?」なんて誰かから言われた事はありませんか?
実際にそんな噂があります。ですが、あくまでも噂ですから何ら気にする必要はないのです。
身長が伸びにくい原因の一端には、骨に負荷をかけるかのような運動をし、部分的な筋肉を鍛える運動を続ける事によって伸びづらくなるなります。しかし、それ以外の運動ならば成長の妨げにはなりません。
むしろ運動をすることで心身が鍛えられ、健康にもいいのですから運動はするべきです。
では実際に、身長と運動にはどんな関係があるのか?

 

運動と成長ホルモン

運動は、成長ホルモンの分泌を促す役割があります。
成長ホルモンとは寝ている間に分泌される事が広く知られていますよね?
ですが、身体を動かす――つまりは運動をすることによっても成長ホルモンは分泌されるのです。
分泌されればされるだけ、身長の伸びもぐんぐんと良くなるのですから、運動は積極的に行いましょう。
小学生の時には身長が低くとも、中学生になって運動部に所属したら急激にぐぐんっと伸びたなんてことも珍しくないのです。
お子さんが低い身長に悩まれていたら、スポーツをすることを勧めてみてはいかがでしょうか。

 

身長が伸びる為に適している運動とは?

 

実際に運動が慎重に関係してくるのはわかりましたよね。
でも一口に運動と言っても、じゃあ何が一番身長を伸ばすのに適しているのか、その部分が一番気になるのではないでしょうか?
ズバリ、挙げます。「バスケットボール、バレーボール、ダンス、ジョギング、縄跳び」です。
身長を伸ばす為には、骨が縦方向に圧力がかかる運動をすることが重要なのです。ジャンプなどをすれば身体が上下し、骨も適度な刺激を受けます。それによって骨の成長も促進されるわけです。
必然的にジャンプをするスポーツであるバスケットボールやバレーボールの選手の身長が高い理由も頷けますよね。
また、ラジオ体操も身長を伸ばす手段としてはオススメです。ラジオ体操はスポーツではありませんが、真面目に取り組むと結構大変なんですよ。
それにラジオ体操には身体を伸ばす運動が取り入れられています。
バスケットボールやバレーボールなどとは違い、体力もそこまで必要ではなく手軽にできるので体力に自信のない子供にもおすすめです。
スポーツをすることは重要ですが、ラジオ体操でも成長ホルモンは分泌されるのです。
こちらもスポーツではありませんが、ストレッチも効果的な方法です。凝り固まった筋肉をほぐすという重要な役割を持つストレッチですが、これも成長ホルモンを分泌させることが可能ですし、睡眠にも影響を与えてぐっすりと眠る事が出来ます。

 

身長を伸ばす妨げになる運動は?

 

ここまでは運動は身長を伸ばすのに効果的と言ってきました。
ですがやはり適さない運動も存在します。冒頭で述べたとおり「部分的な筋肉を鍛える運動」ですね。
激しい運動や、部分的な筋肉を鍛える運動は、身長を伸ばす妨げになります。
ダンベルやゴムを使用したトレーニングのようなハードな運動も避けた方が良いです。
筋肉を痛める様な運動を続ければ、身長が伸びなくなってしまう可能性がありますので十分に注意をしてください。
筋トレを行う場合には回復時間として1日〜5日間程度あけましょう。

 

そして次に、子供に向かない、嫌いな運動を無理矢理にさせてはいけないということです。
身長を伸ばしたいからと言って、無理矢理スポーツを始めさせたり、好きでもない野球やサッカーなどといったものを始めさせてもストレスがかかるだけでなにもいい事がありません。

 

身長を伸ばすということにも精神面が深く関係していて、過度なストレスを感じ続けていればそこで成長が止まってしまうという可能性がないわけではありません。身長を伸ばしたいのに成長がストップしてしまえば本末転倒もいい所。是非本人の意思を尊重してあげてください。
現在は好きなスポーツがないかもしれない。けれど未来にはきっと好きなスポーツがお子さんには見つかっているはずです。