MENU

身長は遺伝できまるの?

蛙の子は蛙というように、子供は親の特徴を引き継いでいることが多いです。
身長についても同じことが言えるのでしょうか。

 

実際のところ、遺伝が身長に影響を与える割合は20%から30%と言われています。
したがって、親の身長が高い場合、その子供も身長が高いという傾向は確かにみられますが、その割合はわずかで、ほとんどは遺伝以外の要素によってきまってきます。

 

もしこのことを知らず、身長は生まれつきのものなので、何をしても変わらないという考えの人がいれば、それは非常にもったいないことです。
生活習慣を改善するなどの努力によって、身長を伸ばすことができるからです。

 

運動選手の身長について考えてみても、両親と比べると明らかに高い人が多くみられます。
これをみても、生まれてからの行動が身長に大きな影響を与えていると考えていいのではないでしょうか。

 

では、実際にどのようなことをすれば身長を伸ばすことができるのでしょうか。ここではそれについて説明したいと思います。

 

遺伝とあきらめるな!これはダメ!の3箇条

 

睡眠が不足すると体の成長に悪影響

身長を伸ばすのに大事なのは、まず十分な睡眠です。
睡眠が不足すると体の成長に悪影響を及ぼし、身長が伸びません。
睡眠時間も大事ですが、睡眠の質もまた身長を伸ばすには大事です。いくら睡眠時間を多くとっても、あまり深い眠りでないならば身長の伸びは期待できなくなります。
このため、ぐっすり眠れるような環境を作ることも重要になってきます。

 

栄養不足はもちろんNG

つぎに、十分な栄養を取ることも身長を伸ばすためには大事になってきます。
体に栄養がいきわたらないと、身長を伸ばすことができなくなるからです。
このため、食事を毎日十分にとる必要がありますが、ただ量を多くとればいいということではありません。
もちろん、量自体が少ない場合は、栄養不足になり身長が伸びにくくなりますが、十分な量をとっても、その栄養に偏りがあると、身長を伸ばす効果は低くなります。
お菓子など栄養に偏りのある食品ばかり食べていては、身長は伸びないということです。

 

運動しないことは慎重に悪影響

次に大事なのが運動です。
体を動かすことによって、体の成長を動かし、身長を伸ばすことが大事です。
毎日、家でごろごろしているだけでは、身長を伸ばすことはできません。
また、運動はしているけれど、全身的な運動ではなく、局所的に筋肉を鍛えるようなトレーニングは、健康には役立つかもしれませんが、身長を伸ばすにはあまり役立ちません。
運動の方法によっても、身長の伸び方に差が出てしまうのです。

 

遺伝じゃない!子供の身長を伸ばすために

身長を伸ばすためには、以上に挙げた、睡眠や食事、運動について、十分に意識して生活する必要があります。
これら三つのうち、どれが一つでも欠けると身長が伸びなくなるので、その点についても気を付ける必要があるでしょう。

 

なお、身長の伸びには、本人の生活習慣のほかにも、周囲の生活環境も影響しているといわれます。
身長の伸び盛りである時期の家庭環境は、身長に大きな影響を与えます。
両親が毎日喧嘩をしているような家庭では、その子供は、精神的に不安定となり、このストレスが、身長の伸びを抑制してしまうのです。
家庭環境が改善された途端、身長が伸び始めた子供も多く見受けられます。
もし、身長が伸びるべき時に伸びないならば、このような周囲の生活環境に問題がないかを十分注意して調べてみましょう。

 

また、子供のしかり方も、子供の身長を伸ばすためには大事になってきます。
子供を育てるためには、叱ることも大事ですが、あまり度が過ぎると、子供に多くのストレスをかけることになってしまいます。
ストレスを受けた子供は身長の伸びがとまってしまうため、必要以上に怒らないことも大事です。
身長の伸び盛りの時期は、親の言うことを聞かなくなることも、ままあるため、ついつい厳しく怒ってしまうこともありますが、
子供はそういうものだという余裕を常に持って、子供の気持ちを察することを常に忘れずに、子供と接していくことが望まれます。