MENU

子供の成長と身長

男の子より女の子のほうが成長が早いのはなぜ?

 

一般的に男の子と女の子では女の子のほうが成長が早いと言われていますが、これはイメージだけの話ではありません。

 

女の子は小学校高学年から中学生にかけて成長期をむかえますが、男の子の場合はようやく中学生になる頃から高校生くらいに成長期が訪れるのです。
小学生くらいまで女の子のほうが身長が高いことが多いのは、男の子は女の子より約2年ほど成長期が訪れるのが遅いためです。

 

思春期が遅い女の子は身長の伸びが止まる時期も遅くなり、高身長になる可能性もあります。
女の子の場合、思春期の早い遅いは初潮のタイミングで判断することができます。

 

また、身長だけではなく、体つきが大人になるのも女の子が早いといわれています。

 

男の子は中学生や高校生になってからやっと少しずつ男性らしい体つきになりますが、女の子は小学校高学年には少しづつ女性らしい体つきになっていきます。
さらに、精神年齢も女性のほうが男性よりも高いといわれ、男性よりも情勢のほうが10歳高いともいわれています。

 

女の子のほうが「しっかりしている」と言われるのも精神年齢が関係しているのでしょう。
精神年齢に差が出ることに関しては、女性は出産をする事が関係しているものと思われます。

 

世界と比べた日本人の平均身長

 

日本人は欧米などの世界と比べると身長が低いようですが、どの程度違うのでしょうか?

 

ある程度成長が終わり身長が安定する17歳で比べてみると、日本人男性の平均身長は170.7cm、女性は158.0cm、世界で一番長身の国であるオランダは男性183.7cm、女性169.3cmです。

 

男性13cm、女性11cmも身長に差があります。
しかし、小中学生くらいまでは日本人とオランダ人の子供にそこまでの身長の差はありません。
ではなぜ、ここまでの身長の差がうまれるのでしょうか?

 

それは身長が伸びる期間が関係しています。

 

オランダなど欧米諸国の子供は身長が伸びる期間が長く、高校生以降になっても伸びます。
それに比べ日本人は中学生くらいで身長の伸びが止まり、高校生になってからは10cmも20cmものびるということはあまりありません。
ですから17歳の時点で身長に大きな差が出てしまうのです。

 

つまり、日本人は思春期の訪れが早く、それだけ身長が伸びる期間が短くなってしまい、逆にオランダ人は思春期が遅く訪れるため、身長が伸びる期間が長いといわれているのです。
思春期の訪れが早いのは生活習慣の乱れに関係するといわれ、ここに身長を伸ばすヒン隠されています。

 

身長と骨端線の関係

 

「骨端線」という言葉を知っていますか?

 

知らない方も多いかもしれません。
「骨端線」とは骨の先端と幹の部分を繋いでいる線のことをいいます。

 

この骨端線はレントゲンを撮ることで確認することができます。
年齢を重ねていくと徐々この骨端線は消えていき、骨の成長は止まります。
つまり、大人であっても骨端線があればまだ身長が伸びるということです。

 

骨端線が無くなるのは一般的に男性は17歳前後、女性15歳前後といわれています。
中にはこの時期をすぎても残っている方もいるので、そういった方はまだ身長が伸びる可能性があります。
身長を伸ばす努力をするのであれば、この骨端線が残っているうちにあらゆることをしなければなりません。

 

思春期が遅い子供は骨端線が無くなるのも遅いので、もし身長を伸ばしたいのであれば骨端線が消える前に手を打たなくてはなりません。
身長サプリをのむのなら、骨端線があるうちに飲みましょう。
骨端線があるうちでなければ、効果はありません。

 

身長の伸びが気になる方は病院に行ってレントゲンをとってみるのもよいでしょう。
ただし、病院によっては断られることもあります。

 

思春期がくるのを遅くし、骨端線が早くなくならないようにするためにも、正しい生活習慣を続けることも大切です。