MENU

身長サプリメントって本当に効果があるの?

身長が伸びるメカニズム記事一覧

「低身長」であることを「低身長『症』」であると考える方がいますが、この2つはまったく違います。「低身長」とは体質や生活習慣など原因で身長が低い状態あることです。「低身長『症』」とは病気が原因で身長が低い状態になる症状のことを言います。この2つは原因が大きく異なります。子供の身長が低い場合は「低身長」であるか、「低身長『症』」であるかのどちらかです。1.低身長低身長の子供の95%は体質や生活習慣によ...

1.カルシウム骨の成長に必要な栄養素として有名なのがカルシウムです。しかし、カルシウムには、身長を伸ばす働きはなく、あくまでも、骨を強くする働きを持つ栄養素なのです。骨を伸ばす働きはありませんが、骨を成長させ強くするためには必要な栄養素なので、必ず必要量を摂取することが大切です。カルシウムが足りないと、骨を強く出来ないばかりか、骨の成長に悪影響を及ぼす心配があります。しかし、日本人は、日常的にカル...

思春期には悩みの量が極端に増えます。その種類も様々。男女間でも違った悩みが幾つも増えるでしょう。しかし、その中で共通する悩み、と言えば体の事ではないでしょうか。それも男女共に変化が起こる、身長の伸び。特に男の子は身長が伸びた伸びないを大いに悩みます。それは、同世代で明らかに差が出てくるからです。成長の差がからかいのキッカケになる、という事もあるでしょう。規則正しい生活を心がけていれば成長は平等に訪...

男の子より女の子のほうが成長が早いのはなぜ?一般的に男の子と女の子では女の子のほうが成長が早いと言われていますが、これはイメージだけの話ではありません。女の子は小学校高学年から中学生にかけて成長期をむかえますが、男の子の場合はようやく中学生になる頃から高校生くらいに成長期が訪れるのです。小学生くらいまで女の子のほうが身長が高いことが多いのは、男の子は女の子より約2年ほど成長期が訪れるのが遅いためで...

蛙の子は蛙というように、子供は親の特徴を引き継いでいることが多いです。身長についても同じことが言えるのでしょうか。実際のところ、遺伝が身長に影響を与える割合は20%から30%と言われています。したがって、親の身長が高い場合、その子供も身長が高いという傾向は確かにみられますが、その割合はわずかで、ほとんどは遺伝以外の要素によってきまってきます。もしこのことを知らず、身長は生まれつきのものなので、何を...