MENU

身長を伸ばすためにも、食事は大切にしましょう

栄養素が不足している

 

身長があまり伸びないことの最大の原因は、栄養がきちんと摂れていないことです。
栄養がきちんと摂れていないとなると、それを改善しない限り、何年過ぎようと身長が伸びることはありません。
ただ、子どもの場合は、野菜等をあまり好んで食べないことが多いため、栄養が不足することが多いとされています。
これを改善するには、大人が子どもに対して指導をしてあげるしかないでしょう。

 

身長に関係する栄養素としては、カルシウム、蛋白質、マグネシウム等が挙げられ、これらをきちんと摂り入れることが大切です。
言うまでもなく、これ以外にも食物繊維、鉄、ビタミンといった栄養素も子どもの成長を考えた時には摂り入れる必要はあります。

 

上記に挙げた栄養素はいずれも重要ですが、特に注意していただきたいのがカルシウムであり、これは普通に食事をしているだけでは理想的な量を摂取するのが困難とされていて、そのため、多くの方はカルシウムが不足している状態となっており、これが問題視されているのです。

 

カルシウムを補うために、よく「牛乳を飲みましょう」とは言われますが、牛乳を沢山飲むことで、カルシウムの他に脂肪も摂ってしまうことになるため、飲み過ぎることで今度は肥満の心配が出てきます。
そして、この問題を解決してくれるのが、現在話題となっている身長を伸ばすためのサプリメントなのです。

 

このサプリメントには、カルシウム以外にも蛋白質、亜鉛、マグネシウムといった栄養素が含まれているため、身長を伸ばせると言われています。
食事のみではどうしても不足してしまう栄養素を補うためにこのサプリメントを利用するというのが、一番の利用の仕方とも言えそうです。

 

おやつを大量に食べる

 

子どもはどうしても普通の食事よりおやつを好む傾向があるため、周りの大人が注意しないといつまでも食べ続けてしまうでしょう。
おやつを大量に食べてしまうと、当然、お腹が空かなくなるために、普通の食事が入らなくなってしまいます。
これにより、身長に関わってくる栄養素も不足してしまうため、身長が伸びにくくなる原因ともなるのです。
それに、おやつを大量に食べることで、子どもが肥満体型になってしまう危険性が高まり、もし肥満体型となってしまうと成長ホルモンが分泌されにくくなるため、ほとんどの人において身長が伸びにくくなると言われています。

 

以上のことからも、おやつを大量に食べるということがいかに良くないのかがお分かりになったことでしょう。
おやつを全く食べさせてはいけないとまでは言いませんが、適量を心掛けてください。

 

ですが、思春期ともなれば、普通の食事だけではどうしてもお腹が空いてくるため、食事まで待てないという場合もあるかと思われます。
そのような場合は、ポテトチップス等のお菓子は避け、カロリーが低いお菓子を与えるとよいのですが、それでも大量に食べてしまったのでは、結局はポテトチップス等を食べたのと同じとなるので、適量を心掛けることが大切です。

 

食品添加物も身長の伸びに関わる

 

母親が毎日料理を作るというのは、他の人が思っている以上に手間がかかるため、スーパーで購入した冷凍食品やコロッケ等で済ませることもあるかと思われます。
ですが、これらのような食品には、ほとんどの確率で食品を傷ませないようにするため、着色料、保存料といったいわゆる食品添加物が使用されているのです。
食品添加物が体に悪いというのは明らかですが、食品添加物が身長にも関係してくることをご存知の方は少ないかもしれません。
このように身長に関わってくる食品添加物としては、リン酸塩、フィチン酸といったものがあり、これらは、せっかく摂り入れられたカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルと呼ばれるものを体の外に追い出してしまう作用があるとされています。

 

身長を高くするためには、ミネラルは非常に重要ですので、これが外に追い出されてしまうとなれば、当然身長が伸びにくくなるわけです。
ですから、母親としては、特に思春期の子どもに対しては、食品添加物には十分気を使ってあげる必要があると言えます。
とはいえ、食品添加物を含んだ食品、例えば、ポテトチップス、アイスクリームといったものは美味しいのも事実であり、子どもの好物でもあるのです。
本来なら、全く与えないのがベストですが、実際はそうするわけにもいかないので、なるべく与えないようにするという考えが重要となってきます。