MENU

なぜ身長が伸びないか

身長が伸びないという悩みをお持ちの方にとって、なぜ伸びないかという問いは切実だと思います。
そこで、ここでは身長が伸びない原因を3つあげて、解説してみようと思います。

 

まず、身長が伸びない原因として、たばこの煙が考えられます。
たばこの煙には、一酸化炭素が多く含まれています。この一酸化炭素は、酸素と結びつきやすく、その周囲を酸素不足にしてしまう性質を持っています。
たばこの煙が体内に入ると、体内が酸素不足になってしまうということなのです。
とくに、脳の中の酸素が不足すると、身長を伸ばすために必要なホルモンの生成が妨げられてしまい、このため身長の伸びに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

たばこは一般に健康に悪いとされていますが、子供の身長にもよくないのです。
現在では、規制が厳しくなって、また、たばこの値段も高価になって、子供が勝手にたばこを買うといったことは難しくなっていますが、
それでも絶対不可能というわけではありません。

 

興味本位や、周囲の影響でたばこに手を出す子供もいることでしょう。

 

そこで、子供が勝手にたばこを吸わないように気を付ける必要がありますが、周囲の大人も気を付ける必要があります。
周囲の大人の吸ったたばこの煙が、受動喫煙の形で子供にいきわたってしまうことがあるからです。
そこで、周囲の大人は、子供に煙がかからないよう、子供の前ではタバコを吸わないといった配慮が大事になってきます。
子供の時に身長が伸びなくなるととりかえしがつかなくなるので、周囲の大人はしっかりと考えて行動しましょう。

 

次に、身長が伸びなくなる原因として考えられるのは、親と子供との人間関係です。

 

親と子供との人間関係がうまくいっていないと、子供の身長が伸びない可能性が高まります。
親が子供に対して、無視したり、虐待するなどして、子供の精神を不安定にすると、子供のほうでは身長を伸ばすために必要なホルモンの生成が弱くなってしまいます。
虐待とまではいかなくても、子供にとってストレスの多い家庭では、やはり低身長の子供が多いです。
このため、子供にとって気持ちよく過ごせる環境を作ってあげることは、子供の身長を伸ばすためには大切になってきます。
もし、あなたの子供との人間関係について何らかの問題があるならば、それについて考えて、人間関係を改善することを考えてみましょう。
子供との人間関係を改善することにより、子供のストレスが解消して、子供の身長が大きく伸びるようになるかもしれません。

 

次に考えられるのは、身長の伸びる時期がほかの人よりも遅いということです。
人にはいろいろなタイプがありますので、身長が伸びる時期も一つに決まりません。
中には、ほかの人よりも身長が伸びる時期が遅いだけという人もいます。
こうした人は、周りの人が身長が伸びる中、自分だけ伸びないということで不安になると思いますが、たんに成長の時期が遅いだけで、結局は同じ身長になります。
そのため、こういった人はじっくり身長が伸びるのを待つことが望ましいですが、もし不安に感じられる場合はお医者さんに相談してみてください。

 

身長が伸びる時期が遅い人は、食生活や睡眠に気を使って、身長が伸びるための準備をしておくといいでしょう。
食生活では、栄養がかたよらないよう、また十分な量の栄養を取るようにしなくてはなりません。

 

身長サプリを使うと、身長を伸ばすために必要な栄養を手軽にとることができるのでお勧めです。
普段の食事ではなかなか摂取することが面倒な栄養素も、身長サプリを使えば十分とることが可能になります。
身長サプリには、身長を伸ばすのに特に大切になるカルシウムをはじめ、たんぱく質や無機質などの栄養素が多く含まれているからです。
あとは、夜遅くまで起きたりして睡眠不足にならないように気を付けましょう。
こうして、生活習慣に気を付けていれば、自然と身長が伸びるようになっていくでしょう。