MENU

身長が伸びない原因と運動

運動不足が原因で身長が伸びない

 

中学生にもなると、小学生の頃のように公園で遊ぶということもなくなるので、運動系の部活に入っていないと日常生活で体を動かす機会がなくなります。しかし、成長期の運動は欠かすことが出来ないものです。成長ホルモンは体を動かすことにより分泌されるので、運動不足は身長が伸びない原因となります。
また骨は縦方向に圧を加える運動により刺激を受け成長します。よって身長を伸ばすためには運動することが不可欠です。

 

運動不足の子供の場合も少しでも体を動かすことが大切です。バスケットボールやバレーボール、ダンスなどの飛んだり跳ねたりする運動は身長が伸びやすく最もおすすめですが、個人の好みもあるでしょう。強制的に子供がやりたくない運動をさせてもストレスを与えることになり逆効果です。

 

その場合は無理にスポーツをさせるのではなく、ジョギングや縄跳びをさせてください。これらもバスケットボールなどのスポーツと同様、縦方向に圧を加える運動なので、身長を伸ばすことができます。ジョギングや縄跳びなら、部活に入らなくても簡単に行えます。適度なカロリー消費にもなり、肥満防止にも最適です。

 

過度な運動が原因で身長が伸びない

 

身長を伸ばすためには運動が必要不可欠ですが、過度な運動により身長がストップしてしまうこともあるので注意が必要です。
これは、あまりにも激しい運動を行うことにより、成長ホルモンではなく性ホルモンが活発に分泌されてしまうためです。性ホルモンが活発に分泌されると思春期が早くきてしまい、成長も早めに止まってしまうことになります。成長期が短くなることにより、結果的に最終身長が低くなってしまうのです。バランスを考慮し、適度に運動することが大切です。

 

また過度に運動することで睡眠の質が下がってしまいます。激しい運動により交感神経が優位に働くことで興奮状態になり、寝つきが悪くなってしまいます。体が疲れているのに眠れない場合は過度な運動を行っている可能性があるので注意が必要です。

 

朝の運動もほどほどにしましょう。中学生になると部活で朝練をしている子供も多いと思いますが、朝から激しい運動をすることにより、授業中に強い睡魔に襲われ、勉強に支障をきたすことになります。帰宅後、寝てしまうことで夜眠れなくなる可能性もあります。
身長を伸ばすためには、くたくたになるような過剰な運動をするのではなく、バランスを考え適度に運動することが大切です。

 

間違った筋トレが原因で身長が伸びない

 

間違った筋トレを行うことが原因で身長が止まってしまうことがあります。過剰な筋トレは骨や筋肉に大きなダメージを与えるので、身長が伸びにくくなります。また激しい筋トレをすると性ホルモンの分泌が促されるので、思春期が早くきてしまい成長を止める原因になってしまいます。

 

そのため、筋トレは行わないほうがよいと言われることもありますが、身長を止めてしまうのはあくまでも間違った筋トレです。正しい筋トレは成長ホルモンの分泌を促しますし、健康的な体作りに必要なものです。
では、正しく筋トレを行うにはどのような方法が良いのでしょうか?

 

まず、一部分だけ鍛えるような筋トレは身長をストップさせる原因になるので避けましょう。理想は全身をバランスよく鍛えることです。
重りやダンベル、ゴムなどを使っての筋トレも避けてください。このような負荷を与える道具の使用は、オーバートレーニングになるので、成長に悪影響を与えます。
成長期に過剰な負荷をかけると最終身長が低くなってしまうことが多いです。

 

筋トレを行うときは毎日続けて行うのではなく、必ず回復期間を作ってあげることが重要です。
24時間から5日間ほどの回復期間がないと、筋肉もつきづらく、体にも大きな負担になってしまいます。適切な回復期間を設けた正しい筋トレを行うことが大切です。