MENU

背が伸びない理由は?成長ホルモン分泌不全性低身長症が原因かもしれません。

成長ホルモン分泌不全性低身長症が原因で伸びない 背が伸びない理由は?成長ホルモン分泌不全性低身長症が原因かもしれません。

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症というものがあります。これは一体どういった症状が出るものなのでしょうか?

 

子供から大人になるにつれて身長は伸びていくものですが、もしも身長が伸びないということがあれば、その場合に考えられるのは病気が関係しているということです。
成長ホルモン分泌不全性低身長症というのは、身長に関する病気として有名なものです。これは、身長が伸びていくために必要な成長ホルモンが十分に分泌されないという病気です。
成長ホルモンの分泌が足りないと成長が遅れてしまいます。そうすると、当然身長も伸びません。そういった状況で治療をしないままだと、大人になっても130cm程度で成長が止まってしまうということが起こります。

 

他の子どもと比べて身長の伸びが遅い場合でも、成長ホルモン分泌不全性低身長症であると断定はできませんが、もし心配でしたら一度病院で検査なり受けてみるのも良いですね。

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症は身長に影響がありますが、命を脅かすものではありませんし、知能や体格もこの病気ではない他の人と変わりはありません。
しかし、まだ小さな子供の頃なら気にならないかもしれませんが、中学生や高校生といった思春期に差し掛かってくると、身長のことで色々悩むようになるでしょう。
身長コンプレックスになり、周りの子供たちと自分を比べてしまい、学校に行くのが嫌になることもあるかもしれません。充実した学園生活はもちろん大事ですが、低身長という事がこれから生きていく上でハンデになってしまう可能性も出てきます。
治療が遅れると治りづらく、同年代の子供と同じくらいの身長になるまで時間がかかってしまう病気ですから、早期発見・早期治療が重要な病気です。

 

 

では、成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症では、成長ホルモンを注射で投与するという治療方法が多くとられます。
これはすぐに効果が現れるものではありません。数年単位の長い時間をかけて治療していくということになります。
長い場合であれば、治療は高校卒業くらいまで続きます。

 

そして、注射と聞くと病院に打つイメージを持っている方が多いと思いますが、成長ホルモン注射は自宅で打つことができるんです。
自宅で注射を打つとなると身構えてしまうかもしれませんが、成長ホルモン注射は採血に使われるような太い針ではなく、細い針を使用するので痛みはさほどありません。
この治療をする場合、初めの頃は保護者が注射をした方が良いですが、ある程度子供が大きくなってからは子供が自分で注射を打てます。
では、どこに注射を打つのでしょうか?採血をする場合には腕に注射することが多いですが、成長ホルモン注射の場合に注射する部位は、主にお尻や太もも、二の腕などです。この注射は、毎日同じ場所に打つのではなく、交互に違う場所に打っていきます。

 

また、注射を打つ時間帯ですが、成長ホルモンの分泌をサポートするのが目的なので、注射を打つのは夜、就寝する前の一度だけです。
やり方もさほど難しいものではないので、子供でも覚えさせれば簡単にできるんですよ。

 

成長ホルモン投与により、徐々に身長が伸びていきます。けれども、ほる投与の開始時期が遅くなると効果は鈍くなってしまいます。
例えば、思春期を過ぎてから治療を始めた場合では、それほど高い効果は期待できないのです。
理想としては思春期が訪れる前から治療を始められれば良いのですが、早ければ早いほど治療効果が期待できます。
成長ホルモン注射の治療はあくまで成長ホルモン分泌不全性低身長症のための治療方法ですから、ただ身長が低いという理由だけでは受けられません。病院で様々な検査をして、成長ホルモン分泌不全性低身長症であると診断されてから治療が開始されます。

 

それでは、成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療なあたって、成長ホルモン投与の副作用と治療費用はどのようなものなのでしょうか。

 

成長ホルモンは本来外部から投与するものではなく、自然なことではありませんからどうしても副作用が現れます。
代表的な副作用は、頭痛、関節痛といったものです。

 

頭痛は治療を開始した初めの頃に見られることが多いですが、ずっと続くものではなく一時的な症状となります。
そして、関節痛は実は治療が上手くいっている証拠ですので、あまり心配する必要はありません。

 

成長期になると関節に痛みを感じることがありますよね。成長ホルモン投与の際の関節痛もそれと同じようなものだと考えて良いでしょう。
けれども、あまりにも痛みが激しい場合は医師に相談した方が賢明です。

 

また、場合によっては白血病や甲状腺機能低下を引き起こす可能性もあります。
白血病と成長ホルモン投与の関係性はまだ立証されていませんが、起こり得る可能性があると言われていますので注意が必要です。
甲状腺機能低は治療中に見られることがあり、倦怠感を伴うことがあります。

 

治療費用に関しては気になるところだと思います。治療には、安くても一ヶ月10万円程度かかると考えて下さい。決して低い金額ではありません。
一ヶ月10万円というのはあまりにも高すぎるので、全て自己負担で治療出来る、という方は限られているでしょう。
そういった金銭的な負担を軽減させる方法があります。

 

小児慢性特定疾患医療費受給を利用しましょう。保健所にある手続き用紙に必要事項を記入し提出することで、小児慢性特定疾患医療費受給を利用できます。